Search
Search Menu

自動運転・autonomouscarが仕事を奪う?

自動運転・autonomouscarの世界、もうすぐにそこへ来ようとしています。自動運転・autonomouscarは、
長距離輸送の分野において、人手不足をしっかり解消してくれることでしょう。

しかし、長距離輸送の分野で、仕事が、自動運転・autonomouscarに奪われてしまうのも事実です。

運転免許の取得はムーチョで

長距離輸送の分野

実際に自動運転・autonomouscarが、長距離輸送の分野に侵入して来たとしても、人間の仕事が100%奪われてしまうということではありません。でも、自動運転・autonomouscarは、運転してモノを輸送することは出来てしまうでしょう。

では、人間がどのような労働にかかわっていくのかと言えば、ハードワークの、荷物の出し入れの分野なのかもしれません。

自動車で運転して、時には、荷物の出し入れをして、上手く労働力のバランスが維持出来ていたというのに、人間は、ハードワークだけ受けいれなければならないとすれば、そうとう長距離輸送においての人間たちの未来は暗い……と言う必要があります。

自動運転・autonomouscarが、登場してもっともっと未来は明るくなっていくはずなのではないでしょうか。

でもやっぱり自動運転・autonomouscarは、このようなデメリットを抱えてしまうことになります。

宅配便

自動運転・autonomouscarの登場によって、大きな変化が起こると言えば、宅配便もそうでしょう。

宅配便の世界でも、自動運転・autonomouscarの自動車を、 受取人の希望する時間に送ることができるでしょう。
また、小型ドローンやロボットの登場によって、戸別で配達する構想も現在あるということです。

だとすれば、確実にここでも自動運転・autonomouscarによって、人間たちの仕事が奪われることになります。

そもそも、自動運転・autonomouscarで、全く人間の仕事が奪われないという言い方をすれば、それは嘘でしょう。

自動運転・autonomouscarは、合理性を生み、合理性には、必ず人間たちの仕事の分野を減らしていくことになります。

ごみ収集

ごみ収集も自動運転・autonomouscarが出来てしまう世界です。このような分野を自動運転・autonomouscarが得意とし、間違いなく優先順序は、このあたりでしょう。

自動運転・autonomouscarは、レベル4となれば、クルマに実際に乗る人たちが必要としても、運転免許証は必要ないということになります。

運転免許証が必要ないということはいいことかもしれません。しかし、本当に、全面的に運転免許証なしでいい世界というものが来てしまえば、合宿免許、教習所などで仕事をしている人たちの仕事場が奪われてしまうことになります。

民間の教習所は激減。警察が管轄している各地の免許センターも統合……、それはまさに合理化です。

一見いいことにも見えてしまう訳ですが、やっぱりいろいろ素直に受けいれることができない問題も抱えてしまうことになるのではないでしょうか。

カップルで合宿免許で運転免許証取得

合宿免許にはいろいろなプランがあります。プラスαの体験をしたいというのならやっぱり合宿免許ではないでしょうか。

合宿免許なら、カップルでも悠々と、かつラブラブに運転免許証取得ができてしまうのです。

カップルで合宿免許に行こう

カップルで合宿免許

カップルで合宿免許行くことができれば……と思っている人たちもいらっしゃることでしょう。実際に、そのようなリクエストにお答えして、合宿免許には、カップルプランを用意してくれているところもあります。

カップルで利用できる合宿免許は、実際には恋人同士だけでなく、夫婦でという方々もいらっしゃるようですね。

カップルプランは、 宿舎ではなくホテルや旅館に宿泊することになります。それは、カップルというのでは、さすがに、他の生徒たちが違和感を感じてしまうため、そのための配慮ということができます。

カップルプランのシステム

合宿免許でカップルプランを選択した場合、料金は一般的合宿免許よりはやや高め設定です。金額はだいたい20万~40万円前後が相場と言っていいでしょう。

ただし、キャンペーンなどしていることもあり、かなりリーズナブルに利用することができることもあります。

やっぱり、ある程度セキュリティや設備が整ったホテルや旅館を利用することになるため、ややグレードアップ……というのはやむないことです。

でも、カップルは、合宿免許と同時に、旅行を楽しんでいるという気持ちになることができれば、それ程高いとは決して思わないでしょう。

合宿免許で運転免許証取得する方法は、非常に合理的発想ということができます。

カップルプランのメリット・デメリット

合宿免許のカップルプランのメリットは、やっぱり同じ部屋でラブラブに運転免許証取得できることでしょう。彼氏を一人で合宿免許に行かせれば、浮気されてしまうかもしれないですよね。そんなに不安ならば、やっぱり合宿免許のカップルプランがいいでしょう。

ただし、カップルプランにデメリットもあります。それは、カップルプランを選択してしまったために、もっと遊んでやろうというモチベーションがどんどん高まってしまい、本来の運転免許証取得という任務が気持ち的におろそかになってしまうことです。

やっぱり一番の目的は運転免許証取得だということは、カップルであろうが自覚しなければならないことです。

いかがでしょうか。時と場合によっては、カップルプランも有効的手段です。参考にしてください。

合宿免許waoのいいとこ、わるいとこ

みなさんは合宿免許に何を求めているのでしょうか。合宿免許はお金が安い方がいい……、楽しく学ぶことが出来る合宿免許がいい……、そんなみなさんのリクエストを全部受けとめてくれるのが、合宿免許waoなのかもしれません。

果たして、合宿免許waoはどのようなところなのでしょうか。しっかりチェックしておきましょう。

おすすめの合宿免許

合宿免許waoの評価

実際に、合宿免許waoを既に利用している人たちがいるので、そのような人たちが合宿免許waoをどのような評価しているのか口コミの声を聞いてみましょう。

合宿免許waoのメリット

合宿免許waoを利用している人たちも既に多くいらっしゃいます。そのような方々は、満足して免許取得を完了していらっしゃることでしょう。

結論から言うと、合宿免許WAOは信頼できる会社です。仮免試験や見極めなどで落ちてしまって、最速期間で免許証を取れなかったとしても、延泊の料金を請求しない場合が多いと言います。

追加料金って、合宿免許にとって非常に大きなポイントなのでそのことも含めて他の合宿免許と比較とてみましょう。

申し込みや問い合わせを電話で受け付けてくれているので、心配事がある人は実際に電話をかけてみるといいでしょう。

電話で話しをすれば結構、業者の良し悪しって見えてくるものです。インターネット時代、そのような配慮って敢えて必要とも言えるのではないでしょうか。

現在、Twitterキャンペーン実施中!500円分のファミリーマートお買い物券が20名様に当たるなど様々な嬉しいキャンペーンも現在開催中です。是非、このチャンスを逃さないようにしましょう。

合宿免許waoはあまりおすすめではない

一方では、合宿免許waoはあまりおすすめではないという声も聞こえて来ました。ある男性は、合宿免許waoを利用したときに、問い合わせした時説明不足があったり、説明が後付けされて非常に判りづらかったり、オンラインサイトに表示されてある予約状況と電話で問い合わせした予約状況が違っていたりして、嫌な目にあったということです。

結果ある日が入校できないから、それ以外で出来るだけ費用が抑えられているところを紹介してもらったということですが。あとあと合宿免許をリサーチすれば、いくらでもその程度の料金価格の合宿免許は見つけることが出来たということです。

合宿免許にお任せすれば、料金最安値の場所をそちらで探してくれるのかといえば、結構違っているケースもあるようです。そのような意味では合宿免許に丸投げというモチベーションもちょっと危険なところがあるのかもしれません。

いかがでしょうか。合宿免許waoには、メリットと同時にデメリットもあります。逆に言えばどの合宿免許にもメリットとデメリットは存在しているものなので、そのあたりのことをしっかりリサーチをして解決しましょう。

タクシー運転手になるには何が必要?

現実的にタクシー運転手になりたいという方々もいらっしゃることでしょう。

でも、実際にどのような方法でタクシー運転手になることが出来るのかご存じでしょうか。

そのあたりの問題について解説しましょう。

おすすめの合宿免許

タクシー運転手になるためには

タクシー運転手になるためどのようなノウハウが必要になって来るのでしょうか。タクシー運転手は、日々、タクシーにお客様を乗せて目的地まで安全に連れていかなければなりません。

またタクシー運転手は、「法人タクシー」と「個人タクシー」があって、前者では会社の社員として仕事をすることになります。

後者は、個人事業主として今後仕事をしていくことになります。

そして、タクシー運転手として仕事をするためには、共に「普通自動車第二種運転免許」取得が必要になります。

しかし、タクシー会社に入社する時点では、「第一種運転免許」だけ要求されるケースが多いようですね。

タクシー運転手は、タクシー運転手としてのドライバーテクニックだけでなく、地理や交通事情に関する知識と言ったものも必要となり、サービス業として正しいマナー&接客態度と言ったものも必要になって来ます。

「普通自動車第二種運転免許」を取得

いずれにしても、タクシー運転手になるためには、「普通自動車第二種運転免許」の取得が必要になって来ます。

その免許取得のためには、「普通自動車第一種運転免許」の取得から3年以上が経過している必要があります。

ですから、最低レベルでも21歳以上の年齢でないと二種免許の受験する資格を得ることが出来ません。

しかし、実際にタクシー会社に入社する人たちが、二種免許まで要求されるケースは結構少なく、入社後に費用は会社負担で取得出来るケースがほとんどです。実際にはこのような方法の方がお得と感じるのではないでしょうか。

免許取得をして、健康状態が良ければタクシー運転手として仕事をすることが出来ますが、東京、大阪、神奈川といった都市で今後仕事をしていくという方々は、特に地理にも詳しい必要があり、タクシー会社でも「地理試験」が行われてそれに合格する必要があります。

タクシー運転手の能力

実際に、タクシー運転手はドライバーテクニック重視の世界といえます。タクシー運転手になるためには、ほとんど学歴は関係ないと言っていいでしょう。

実際に大卒という方々もいますが、大学を卒業しても決して高収入得ることが出来る仕事という訳ではありません。

タクシー運転手になるためには、「普通自動車第二種免許」の免許取得が必要です。

二種免許の受験費用は会社側で負担してくれるというのは、あなたにとって大きなメリットなのかもしれませんが、二種免許を会社負担で取得しなければならない場合には、会社との契約によって拘束期間が生じてしまう可能性もあるのでしっかりまずはタクシー会社との契約事項を確認する必要があります。

いかがでしょうか。更にタクシー運転手がどのような給料システムなのかと言えば、基本的には「歩合制」が採用されています。

月の給料はかなりバラツキがあると感じるでしょう。

これだけは知っておきたい教習所で必要なもの

今後も、いまから運転免許証を取得しようと思っている方々がどんどん出てくることでしょう。

運転免許証って誰でも取得出来るものかもしれません。しかし、あまりも安易なモチベーションでいれば、何度も試験を受けるハメになってしまうかもしれません。

さあ、教習所へ行くぞ!という姿勢が生まれても、結構、運転免許証ってやることが一杯で大変と思ってしまうのではないでしょうか。

運転免許を取ろう

本当にそれだけで大丈夫?

果たして、教習所にみなさんが向かうにあたり必要なものってなんなのでしょうか。果たして、それだけで大丈夫なのでしょうか。

あらかじめ何が必要なのかということを知っていれば、もっと気持ちも楽にすることが出来るでしょう。

そして、自分なりのスケジュールを組んで向きあうことが出来るのではないでしょうか。

今回、実際に教習所を選んだあと、教習所に入校するまでの流れについてお話ししましょう。

必要書類などの用意

入校する教習所を決めたら、入校日を決定しましょう。そこで、必要書類などしっかり確認して用意しておく必要があります。

事前に書類の作成が必要なところもあるので、それぞれ教習所に問い合わせをして入校に必要な書類はしっかり確認しておきましょう。

更に、教習所に入校するため必要なものは、筆記用具、住民票(過去1年以内に発行されたもの)、健康保険証やパスポート、免許証
(何かしらの免許を持っている人)印鑑と言ったアイテムです。

更に、お金も必要になってくるでしょう。普通二輪免許(普通免許なし)で約15万円、普通免許で約10万円あたりの料金がかかることになります。

それぞれ教習所によって違いがありますので、そのあたりのこともしっかり確認しておきましょう。

更に両目の視力が0.7未満の場合は、メガネ・コンタクトも必要です。

更に、過去6ヶ月以内の写真も用意してください。写真は教習原簿に貼るために必要になって来ます。

教習所で写真を撮影するという場合もあるようなので、そのあたりのこともあらかじめ教習所の方で確認してください。

連絡を入れれば、即希望日に入校出来るという訳ではありませんので、希望があれば、前もって計画をたてて対応するようにしましょう。

入校したら

入校したら、入校日において、申込書の記入、視力・運転適性検査の実施、教習原簿の作成などいろいろしなければならないことがあります。余裕をもって対処するようにしましょう。

入校時には実施される適性検査があります。 視力検査では、片目が0.3、両目で0.7以上見えていることが教習を受けるうえでの必須条件ということになります。

更に、運転適性検査が行われることになります。運転適性検査は、教習を受ける前に自分が運転に向いているのかなど性格を知るための検査です。

またバイクの場合には、プラスα実技検査が行われることもあります。ただしそれは入校日にやるところもあれば、技能教習1限目あたりに組み込んであるところもあります。このあたりのこともあらかじめ確認しておきましょう。