Search
Search Menu

タクシー運転手になるには何が必要?

現実的にタクシー運転手になりたいという方々もいらっしゃることでしょう。

でも、実際にどのような方法でタクシー運転手になることが出来るのかご存じでしょうか。

そのあたりの問題について解説しましょう。

おすすめの合宿免許

タクシー運転手になるためには

タクシー運転手になるためどのようなノウハウが必要になって来るのでしょうか。タクシー運転手は、日々、タクシーにお客様を乗せて目的地まで安全に連れていかなければなりません。

またタクシー運転手は、「法人タクシー」と「個人タクシー」があって、前者では会社の社員として仕事をすることになります。

後者は、個人事業主として今後仕事をしていくことになります。

そして、タクシー運転手として仕事をするためには、共に「普通自動車第二種運転免許」取得が必要になります。

しかし、タクシー会社に入社する時点では、「第一種運転免許」だけ要求されるケースが多いようですね。

タクシー運転手は、タクシー運転手としてのドライバーテクニックだけでなく、地理や交通事情に関する知識と言ったものも必要となり、サービス業として正しいマナー&接客態度と言ったものも必要になって来ます。

「普通自動車第二種運転免許」を取得

いずれにしても、タクシー運転手になるためには、「普通自動車第二種運転免許」の取得が必要になって来ます。

その免許取得のためには、「普通自動車第一種運転免許」の取得から3年以上が経過している必要があります。

ですから、最低レベルでも21歳以上の年齢でないと二種免許の受験する資格を得ることが出来ません。

しかし、実際にタクシー会社に入社する人たちが、二種免許まで要求されるケースは結構少なく、入社後に費用は会社負担で取得出来るケースがほとんどです。実際にはこのような方法の方がお得と感じるのではないでしょうか。

免許取得をして、健康状態が良ければタクシー運転手として仕事をすることが出来ますが、東京、大阪、神奈川といった都市で今後仕事をしていくという方々は、特に地理にも詳しい必要があり、タクシー会社でも「地理試験」が行われてそれに合格する必要があります。

タクシー運転手の能力

実際に、タクシー運転手はドライバーテクニック重視の世界といえます。タクシー運転手になるためには、ほとんど学歴は関係ないと言っていいでしょう。

実際に大卒という方々もいますが、大学を卒業しても決して高収入得ることが出来る仕事という訳ではありません。

タクシー運転手になるためには、「普通自動車第二種免許」の免許取得が必要です。

二種免許の受験費用は会社側で負担してくれるというのは、あなたにとって大きなメリットなのかもしれませんが、二種免許を会社負担で取得しなければならない場合には、会社との契約によって拘束期間が生じてしまう可能性もあるのでしっかりまずはタクシー会社との契約事項を確認する必要があります。

いかがでしょうか。更にタクシー運転手がどのような給料システムなのかと言えば、基本的には「歩合制」が採用されています。

月の給料はかなりバラツキがあると感じるでしょう。

Leave a Comment

Required fields are marked *.